浜焼市場海太郎にいってきた

浜焼市場海太郎にいってきた

ゆうパパ念願の新しい車、アルファードがとうとう納車されました。

ゆうパパ
長距離ドライブに行こう
のんママ
せっかくなら美味しい海の幸が食べたい

ということで三重県にある浜焼市場海太郎に行ってきました。

浜焼市場海太郎

浜焼市場海太郎は海沿いにあります。14時くらいに到着したので空いていましたが、駐車場は広かったので混んでいても車は止められそうです。

まずお店に入ると紙と鉛筆が渡されます。注文はその紙に書いて店員さんに渡します。

お茶お水などはセルフサービス。醤油や七味なども置いてあり、自由に使うことができます。

席は座敷とテーブルがありました。座敷でたっくんを寝っ転がすことができてゆっくり食べることができました。

のんママ
子連れには座敷がとってもありがたいですよね

座敷にはカーボンヒーターも置いてあって暖かかったです。

メニュー

大好きな海の幸のオンパレードでどれにしようか悩んでしまいます。

のんママは海女の大漁丼2,800円ゆうパパは漁師丼1,650円と焼き岩ガキ1,500円にしました。つー君は食べられそうなのを取り分けることにしました。

海女の大漁丼2,800円です。焼き牡蠣が3つとお味噌汁と海鮮丼のセットでした。

ごはんが見えないほどの魚介類たっぷりの丼ぶりは魚介類がとても新鮮でぷりっぷりでとっても美味しかったです。

丼ぶりにはいか・しらす・穴子・かに・いくら・貝・煮牡蠣・うに・赤身の魚・甘エビが入っていてとっても充実した内容でした。

前に別のお店に蒸し牡蠣の食べ放題にいったことがあるのですが、完全に中身まで火が入っている状態でした。

ここの焼き牡蠣はぷりっぷりで蒸し牡蠣とは違ってジューシーさが楽しめました。生牡蠣が好きなのんママはこちらの焼き牡蠣の方が好みでした。

漁師丼1,650円です。入っている魚介類の内容は海女の大漁丼と同じでしたが海女の大漁丼よりも一回り小さなどんぶりでした。

丼ぶりだけでなく他にもいろいろ頼むのであればこちらの一回り小さなどんぶりの方がいいかもしれません。

アクセス

住所:三重県鳥羽市安楽島町木場23

鳥羽駅パールロード方面へ車で約10分で加茂駅から2,260m

まとめ

今回は時間がなくていけませんでしたが近くには鳥羽水族館もあるので水族館と浜焼市場海太郎で三重県を満喫するのはいかがでしょうか。

子供が生まれる前はナガシマスパーランドやなばなの里のイルミネーションによく行っていましたが子供がいるとなかなか乗れない乗り物が多かったり、夜が遅くなってしまうイルミネーションには行きづらかったりします。

水族館なら子供も楽しめるしおいしい海の幸をゆっくり満喫するのも最高ですね。