【体験談】妊娠5か月 夫婦で赤ちゃんの性別を聞いてきました

【体験談】妊娠5か月 夫婦で赤ちゃんの性別を聞いてきました

「お父さんがお母さんに謝ってたよー」

リビングから、お風呂に入っている私に教えてくれました笑

前回は分譲マンション購入検討と実際に分譲マンションに子連れで引っ越しを行った時に引っ越し代を安く抑えるコツと大変だったことについて紹介しました。

→【体験談】妊娠5か月 分譲マンションへの子連れ引っ越し

今回は妊娠5か月の時に、ゆうパパと一緒に妊婦検診を受けて赤ちゃんの性別を聞いた時の話をしたいと思います。

赤ちゃんの性別はいつ判明するのか

赤ちゃんの性別は妊娠時に決まっていますので、妊娠が判明してからはどうこう出来ません。

ただ、私たちが赤ちゃんの性別を知る事が出来るのは、先生が教えてくれるタイミングです。

先生もエコーを使って赤ちゃんの性別を判断するわけですが、赤ちゃんの向きや態勢で判明するのが遅くなったりもします。

また、先生の能力や性格によっても、教えてくれるタイミングは異なるようです。

一般的には妊娠5か月と言われており、私たちも妊娠5か月でつーくんの性別を知る事が出来ました。

赤ちゃんの性別判明の時

当時は性別を聞きに一緒に検診に行こう!

と、思って夫婦で一緒に検診に行ったわけではありませんが、診察やエコーが終わって先生と話している時に先生が

男性医者
性別は知りたいですか?

と、聞いてこられました。

私もゆうパパも心の準備はできていませんでしたが、聞きたい気持ちが上回りました。

のんママ
お願いします。
男性医者
お父さんはどちらをお好みですか?
ゆうパパ
女の子です。

ゆうパパはずっと女の子が欲しい欲しいと言っていたので、当然の答えです笑

男性医者
奥さんはどちらがお好みですか?
のんママ
男の子です。

私は、男の方がママを大好きになってくれると思っていて、「ママと結婚する!」と言われるのが夢だったので迷わず答えました。

男性医者
奥さんおめでとうございます。

心の中で、ガッツポーズをしました。ゆうパパもいたし、病院だったので声を上げて大喜びする事はしませんでしたが。

本当に嬉しかったです。つわりやこむら返りを乗り越えて来たからなおさらでした。

のんママ
早く会えるのを楽しみにしてるね!

ゆうパパはというと

ゆうパパ
そうですかー。男の子ですか。女の子が欲しかったです。そうですかー・・

とショックを受けて呟いていました。

ゆうパパ
性別なんてどっちでも良いです。子供が元気に産まれてきてくれれば

と強がっていましたが、残念だというオーラを巻き散らかしていました笑

夫婦で赤ちゃんの性別を聞けて良かった

ひょんな形でつーくんの性別を知ったわけですが、ゆうパパと一緒に性別を聞けて良かったです。

一人で聞いていたら、ソワソワしたでしょうし、女の子を欲しがっているゆうパパに、私から男の子だったよと伝えるのも気を遣わないといけないですし。

性別が判明した時のエコー写真を紹介しますね。

赤ちゃん性別判明

白の点線で囲ってくれていますが、囲ってくれなかったら正直全くわかりません!

夫婦で赤ちゃんの性別を聞いてきました まとめ

今回は夫婦で赤ちゃんの性別を聞いたお話でした。

妊娠5か月になると一般的には赤ちゃんの性別が判明します。

ただ、妊娠した時には既に性別は決まっていますので、その時を待つしかないんですね。

ネットサイトでは産み分けの方法なんかも良く見かけるので、2人目妊娠の時には参考にして試してみました。

結果は、報告しますが中々難しいですね。

もし、3人目を作るとなったら、産み分け方法で良く見る以下の「ピンクゼリー」を利用してみたいと思います。

妊娠6か月の時のお話はこちらです。

→【体験談】妊娠6か月 仕事が多忙な共働き夫婦